【失敗談】24歳で100万円仮想通貨:ライトコインへ投資をして失敗した話から学んだある一つのこと

こんにちは、そうまです。

今日は少し自分の過去を振り返った記事を書こうと思っています。

テーマは、ズバリ「お金を稼ぐこと」について。

過去にこれまで、僕はお金儲けがすぐにできるということで、超安易な気持ちで情報商材や投資にお金をつぎ込んだことがあります。

しかも貯蓄がほぼ無い状態で。w

 

<今までやったこと>

  • 仮装通過の投資
    →ライトコインというものを買いました。(後ほど詳しく)
  • 転売
    →BUYMAの情報商材買って何もしない。BASE・AMAZONの転売、何も成績だせず。
  • アフィリエイト
    →自己アフィリエイト(A8、アフィリエイトB、ハピタス)など、これは意外とお金になった。
  • MLM
    →3ヶ月だけやる。これはやはり友達を失うと思い、自分だけ商品を愛用し終了。
  • 各種セミナーの参加
    →地元福岡・名古屋・東京など、面白いというものには参加しました。有益な情報はたくさん得られましたが、その時だけ満足して終わり。だけど人脈が増えたのはすごくありがたい。
  • コミュニティへの入会
    →転売・アフィリなど稼ぐための情報・知識がシェアされるコミュニティに入る。

 

などなど、
24歳〜26歳の間は、本当色々やりました。好奇心旺盛な自分は、この時から真新しい情報にそのまま飛びついていました。(この瞬発力は本当にすごく良い。笑)

結果ですが、僕の場合どれも一瞬は満足しますが、長続きしません。

 

額としては、色々込みで150万円以上つぎ込みました。

(情報商材や商品購入代、ノウハウ提供授業料、セミナー代など)

かっこよく言えば、何かを始めるための自己投資金の一つです。笑


その中でも、最大一気に投資した額(仮想通貨)は、

100万円(そして丸々大損失しました。)

大失敗です。

 

今となっては良い経験だったと思ってます。

ですが、お金は大事。失わないに越したことない。

今日はこんな僕がお金を稼ぎたい!という安易な気持ちからいろんなことにやっては失敗し、やっては失敗した。(笑)リアルなお話から何か学びがあれば良いなという想いで、ブログを書きます。

お金を稼ぎたい!と思うと不思議と美味しい話が飛び込んできます。

きっかけは友人から紹介された某会社の社長さん

友人
会って欲しい人がいるんだけど、時間ある?
そうま
うん会ってみる!

こんな風に何気ない友人との会話から始まった、とある会社の社長さん(その友人が属している)と会うことになりました。(基本的に人を紹介してもらう機会をその当時から、大切にしていた。)

 

あれは忘れもしない天神のタリーズコーヒーでの出来事。

社長さん
初めまして、◯◯です。

このイラスト通り、本当に黒ジャケットとTシャツを着て、MacBookを持っていました。w

友人
壮馬さんは、世界一周をしたくてお金を貯めたいらしいです!何か良い情報紹介してもらえませんか?

 

社長さん
うーん、これ最近ホットな情報なんだけど、、仮装通貨のライトコインって知ってますか?ビットコインは有名だけどライトコインは3番目にシェアされてる通貨なんです。(当時は)
そうま
いや、知らないです!(きっぱり)

 

社長さん
あのですね、今買っておけば3ヶ月後には4倍になるから、買っておいたら間違いなく成功しますよ!

これに対して僕は、

 

そうま
わかりました!やります!

という即断でした。

ほんと誰にも相談せずに。

資金がないから融資(借金)を受ける

そうま
ちなみに僕投資したいですけど、資金がありません。どうしたら良いですか?
社長さん
融資を受ければ良いですよ。会社員だったら、100ー200万は普通にいけるので、今度一緒に金融機関回ってみますか?融資をうけて、投資に回すっていうのは特に海外ではごく普通にやってることですよ。

これだけ今聞くと、怪しすぎますが、、笑

そうま
わかりました!やってみます!

 

「おおい!」って感じです。

過去の自分に戻って、必死に止めたい瞬間です。

 

このあと実際に、その社長さん、友人と金融機関へ(レイク)行き、総額100万の融資を受けることに成功。

そこからそのままそれを社長の手に渡し、書類にサインをしました。

その時に言われたのは、

社長さん
壮馬さんは素晴らしい決断をされましたね!ここまですぐに即断できる人は限られた人です。壮馬さんは、そういう意味で勝ち組です。一緒に頑張りましょう!

この時はお金を借りて投資したという感覚は忘れて、本気で舞い上がりました。

 

投資は、あくまで余剰の余剰金額でやることを忘れてはいけない。これがセオリーですよね。

舞い上がると正しい判断力が鈍る

その社長さんが説明してたのは、

取引先のマカオの財閥たちが、価格を上げるため一気にライトコインを保有することを決めている。

今はそのタイミングを見計らっているため、正確な日時が分かればそれを教える。

 

なんとも、不確定要素満載なお話。

だけど当時の僕は目を輝かせて話を聞いていましたし、信じていました。

 

その時の気持ちは、

これは自分だけが知ることができた特別なお話だ!

これが成功すれば、すぐに旅ができる!やりたいことがなんでもやれる!

 

セミナーとかでもそうなんですが、有意義な話・得する話を聞くと気持ちが高揚して、特別感を感じることがあります。

他の景色がちょっと変わる感覚というか。

買い物で高額な物を買った時の感覚とも似ています。

 

今回のは、その中でも1個人からいただけたとても良いお話。

成功するのは限られた人だけだから、自分はそのチャンスをものにして成功者として歩んでるんだ。

 

この時の自分は、舞い上がって正しい反応ができず、間違いなく判断力が鈍っていました。

約1年待ちましたが、結局価格は上がりませんでした。

ライトコインの価格レートとにらめっこ

僕が購入した時の価格は、1枚あたり350円。それを100万円分なので、約3,000枚近く保有していることに。

そこから価格は300円〜400円をいったりきたり。一瞬1,000円になったこともありました。

 

その社長さんが言うには、4倍の価格になるまで待つとのこと。(約2,000円)

自分の好きな価格のタイミングで売りに出せないか?と聞いたところ、なんでも僕の投資金は社長さんの投資金額の一部として保有していることになっているため、こちらの都合で引き出したり売却はできないとのこと。

 

買った後に、明かされていく事実。

少しずつ不安になります。

ウォレットのパスワードが分からない。

ある時、iPhoneの機種変更をする時がありました。

そこで、ライトコインを保管していたウォレットアプリの同期をする際に、パスワードの入力画面になりました。

 

「あれ、何だっけ。。。汗」

 

その時の記憶では、社長と友人にウォレットアプリをダウンロードしてもらって、コインを保有された状態まで設定をしてくれたので、そもそもパスワードの説明など受けてない。

だけど、パスワード自体を管理するのは僕の責任だったということで、ここで一気に見離されます。

社長さんの会社そのものが倒産する。

それからも諦めきれない自分は、程なくして再度その社長に直談判しに会いに行きました。

すると、今までとキリッとした社長の姿はなく、どこかしら少しやつれた表情で現れました。

 

社長さん
実は僕たちが全て仮装通貨として保有していたウォレットアプリ(僕も同じアプリを利用していた)が凍結して、使えなくなったんです。それで、会社として投資していた何千万円という金額も全て水のあわになってしまいました。もうどうしようもありません。
そうま
いやいや、そんなの知りませんよ!とりあえずお金は返してください。警察・弁護士などこっちで今回の件は相談させてもらいます。

 

こう言うと、この社長の目が完全に変わり、怒り狂い出します。

少し涙目で、手もプルプル震えてました。

ここから僕は仕事モードに切り替え(スイッチを入れ)、怖じ気つくことなく理路淡々とこの社長を責め続けました。

 

約1時間ぐらい色々と話しましたが、やはり今回のことはどうしようもない、この社長が言ってること(会社が倒産したこと)も本当のことなんだ。そもそも警察もあてにできないだろうし、弁護士とかお願いするお金もないし。

と色々自分で自分を納得させ、

話が終わる頃には、その社長を哀れむ自分がいました。

社長さん
今回のこと、壮馬さんには大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。もしよければ他に稼ぐことができる手段を教えられるので良かったらそういう形で助けになりますが。
そうま
わかりました。いや、もうそういうのはいいですよ。

結局ライトコインの投資の話は、この社長のうまい誘い話で始まり、社長によりジ・エンドを告げられ幕を閉じました。

約1年待ちましたが、残ったのは丸っと100万円の借金と高い利息。

 

ライトコイン自体もその頃の価格は250円ぐらい。

むしろ下がっとるやないか!!!

マカオの財閥はどうした!!!

 

本当にトホホ〜なお話です。

今のライトコインの価格は6,000円〜7,000円です。もし3年前に買っていたライトコインが残っていたら2000万円ぐらいになってました。笑

この世界は、どうやら一つの法則で動いていることに気づかされました。

お金が欲しい!と思えば、

お金が欲しい → 逆に、お金が足りない状況が引き寄せられます。

 

僕が24歳でこの投資をしてから失敗して、そこから一つリミッターが外れたのか、”すぐに稼ぐことができる”手段に手を出すようになります。

人と会うのはもちろん、ネットでも調べたり、SNSでいわゆる成功者としてキラキラしてる人もフォローして、情報収集し、本業しながら(マック)やれることやりました。

 

そこから得られたのは、自分の好奇心が一瞬満たされる気持ちだけ。有益な情報があっても、結局それを活用しなければ何も生み出さない。

そこから失ったものは、高いお金と時間、あと人間味が欠けてしまう気がする。

 

僕は、当初世界一周をしたいという純粋な思いから始めたお金を稼ぐことが、いつの間にか自分の想いを悩ませていることに気づくには時間がかかりました。

丸3年です。

 

今回、セブに来て丸裸になった等身大の自分を見つめることで、やっと気づかされました。

私は◯◯が欲しい。ではなく、私は◯◯ができる!やれる!でいこう。

これは、お世話になっている人から教えてもらったことですが、この世界には「引き寄せの法則」というものが存在するようです。

例えば、

自分は運が悪い人と思うと、運の悪いことを引き寄せてしまいます。

たとえ運の良いことが起きてもそこには気づかず、「自分は運が悪い人」という意識が強いため、悪いことが起きた時に過敏に反応し、さらに自分のことを運が悪い人と責めその思い込みが更に強化されてしまうのです。

 

私は◯◯が欲しいと言っている人は、自分には◯◯がない状態を認めていることになります。

自分が◯◯であるというこの思い込みのことを、潜在意識と言います。

その人に宿る潜在意識は、知らず知らず世界に発信され、あたかも世界が「◯◯がない状態」を引き寄せてしまうのです。

 

ある時信頼する先輩にお金について相談した時、僕がつい「お金に縁がないんですよ」と言うと、

先輩
その考え方は辞めた方がいいよ!本気でお金に縁がなくなるから!むしろ、俺はお金に縁がある!お金を貯めることができる!って毎日声に出してごらん。考え方が変わってくるから。

 

この方法はインカンテーション(直訳:呪文・おまじない)といって、感情を込めて自己肯定的言葉を発することで、人の潜在意識を変えていくというものです。

まさにその時の自分が必要としていた考え方です。

今は考え方が変わって来ています。

セブにきて、アクトハウスに留学に来た目的は、自分の生き方を変えたかったから。

 

人の生き方を大きく左右するのは、働き方:お金の稼ぎ方です。

今後どのようにして生きていくか、働いていくかはまだまだ先は見えませんが、一つ言えることがあります。

 

今の自分は、「お金を稼ぎたい!」から「◯◯を達成したい!やりたい!」に変わって来ています。

 

そこからお仕事へ変換していければ、それはこの上ない幸せなことなんだって思うんです。

 

100万、いや金額にすればもっと高い授業料を払いましたが、今僕はやっと人生のスタート地点に立てたような気がしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

吉本 壮馬

セブ在住のWebライター・ブロガー・筆文字アーティスト・グラフィックデザイナー。27歳で会社を退職し、単身セブにて英語・IT留学アクトハウスへ。ブログサイト名、Sohmac(そーまっく)運営。セブを拠点にしたフリーランスという、20代後半で新しい生き方に挑戦し続けるリアルな心情をブログで発信しています。