【食レポ】2018年9月セブ島にCoCo壱がやってきた!オープンしてからすぐに行ったけど、その感想は大満足でした。

647 views
約 9 分
【食レポ】2018年9月セブ島にCoCo壱がやってきた!オープンしてからすぐに行ったけど、その感想は大満足でした。

こんにちは。そうま(@Soh0806)です。

セブ島にCoCo壱ができたということで、友達と行ってきました!

日本に住んでいた時、CoCo壱に対してそこまで愛着心はありませんでしたが(ここだけの話)、セブ島に生活しているとCoCo壱ができるというのはかなりのビッグニュースでした。

実は、このCoCo壱ができる話はちょうど今から1年前の2017年秋頃から騒がれていたので、一部の日本人は今回のオープンで「やっときたか」という反応だったと思います。かなり多くの人が待ち焦がれていました。日本人はやっぱカレーが大好き!

それで、実際に行ってみた感想ですが、、「かなりの大満足」でした!
正直美味しすぎて感動しました(笑)。

 

セブ島で長期間滞在している日本人はもちろん、観光で訪れた人もセブ島のCoCo壱はぜひ味わって欲しい!
そんな魅力が伝わるように、今回レポートしたいと思います。

 

海外展開しているCoCo壱!セブ島はマニラに次いでフィリピン2店舗目

ー出典:CoCo壱公式ホームページ

CoCo壱は、上記の写真にある通り海外進出したのは1994年のハワイ・オアフ島が始まりで、それからアジア・アメリカなど合計154店舗を展開しています(日本国内は1258店舗)。

※平成30年2月現在:出典 CoCo壱会社情報

フィリピンの第1号店は、マニラのBurgos Park店(住所:Unit 6&7 Ground &2nd floor, Burgos Park Forbestown Road. Fort Global City, Taguig, Manila)。

それに次いで、セブ島でフィリピンのCoCo壱第2号店がオープンする運びとなったということですね。

 

 

セブ島のCoCo壱はマボロ(mabolo)地区のボニファシオ・ディスクリクト(Bonifacio District)にある

最近、新しい商業施設としてかなり注目されている、Bonifacio District(ボニファシオ・ディスクリクト)の中に、セブ島のCoCo壱が参入してきました!

Bonifacio Districtは、セブ島中心部のアヤラモールがあるビジネスパーク、ITパークに隣接しているマボロ地区に位置しています。

近くの目印となる建物は、サロッサホテル(Sorrroso Hotel)・Shakeysが手前に位置していて、奥にJollibeeやGagfa Towerがあります。

>>タクシーで行く場合

Bonifacio District(ボニファシオ・ディスクリクト)と直接言うか、伝わらない場合はサロッサホテルを目印にMapを見ながら行くのが無難かもしれません。

>>Grab Taxi /Google Mapで場所を入力する場合の注意点

「Bonifacio」だけを入力すると、他の場所が間違えて候補として上がるので(実はマニラにも同じ名称の場所があるため)、「Bonifacio District」ときちんとなっているか確認してください。
Mapは、上の地図をご参考に。

 

それでは、これからお店の中に入ってレポートしていきますね。

 

セブ島のCoCo壱はオシャレ度・快適さ・清潔感、全てが良好過ぎる◎

お店の外の雰囲気

見てください。このお店構え。

かなり綺麗じゃないですか・・?

もちろんオープンして間もないというのはありますが、おしゃれな雰囲気がかなり目立っています。

実際お店に着いた瞬間、過去に日本のCoCo壱に行った時の思い出を必死に蘇らせようとしましたが、決してあの時の光景を思い浮かべることはできませんでした..。

 

さて、この時は空いている方でしたが、先日オープンして1週間目の土曜日の夜に行った時の光景がこれ。

👇


盛り上がり過ぎですよね、セブ島のCoCo壱(笑)。

日本人だけではなく、韓国人、台湾人、中国人や現地のフィリピン人も多くいました。

なんかこんなにお客さんが来ていたので、日本人として誇らしく思いましたね()。

入り口に飾ってあった、このショーケースは思わず写真を撮りました。真っ先に。

本当にお店を外から眺めるだけで、カレーへの期待値が上がっていくばかり。

お店の外の雰囲気は、申し分なく満点ですね◎(何様)

 

お店の中の雰囲気

こちらカウンター席。

天井近くからぶら下がっている緑の何かが、良い雰囲気を作り出しています。

こちらテーブル席の雰囲気です。

ソファー席が充実していて、ゆったり座れるようになっています。
ファミリーのお客様でも安心して利用できますね。
(席数は、ざっと数えて80近くはありました。)

日本のCoCo壱の店舗形態は、全体的に小スペースを賢く利用したテーブル席がメインだったと思うので、今回セブ島のCoCo壱に来てみて、店舗イメージがガラリと変わりました。

ちなみに、 店内には無料のWiFiもありました。速度はまぁまぁでしたよ(体感)。
コンセントの状況は確認できていません。

平日のスナックタイム(午後15時〜18時)に、カフェを楽しみながらノマドワークするのもありかもですね!

 

セブ島のCoCo壱は値段・スピード・アツアツ感・美味しさ、どれも良し!◎

メニューの紹介

メニュー表の一部を撮影したのでお見せします。
※全てのメニューは撮影できていません。この他に、ドリンク・ハッシュドビーフ・デザート類のメニューもありました。

サラダ類。かなり充実。

オムライスカレー。これが一番目がいく。
※CoCo壱の公式HPで検索して確認しましたが、日本にはオムライスメニューはありませんでした(2018年9月現在)。

従来のカレーメニュー!個人的に好きなパリパリチキンカレーがあって嬉しかった。

ちなみに、辛さの調整・ライスの増量・セットメニューは日本と同様にあります。もちろん福神漬けもありました。
(オムライスメニューは、ライスは別添えで注文する形となります)

メニューの充実度も、日本で体験したCoCo壱の中で過去最高です。

辛さの注意点>>辛いのが好きな方は2辛、中辛をイメージするなら1辛、辛いのが苦手な方は0で調整するといいと思います。

 

価格

参考程度に写真からいくつかピックアップしました。
※金額1ペソ=2.2円で計算

  • とんかつカレーライス:320ペソ(約660円)
  • ハンバーグカレーライス:340ペソ(約700円)
  • 牛しゃぶカレーライス:290ペソ(約620円)
  • チーズカレーライス:260ペソ(約540円)
  • スクランブルカレーライス:220ペソ(約470円)

他のものは写真のメニュー表よりご参照ください。

金額については、日本より若干安いもしくは同等の金額となっています。
総合的な店舗体験から、コスパは良し◎で判断しました。

 

実食

注文したのはこちらです。

注)これからお見せする写真は、飯テロになり得る危険性があります。お腹が減ってる時は決して見ないでください。
※写真撮影:友人CさんのiPhoneX

イカサラダ

オムライスカツカレー(正式名称はロースカツオムレツ)

ハッシュドビーフオムライス(正式名称は不明)

 

店内は混んでましたが、オーダーしてから結構早く出来上がった印象です(10〜15分ぐらい)。

僕たち3人は、お腹ペコペコだったので一目散に黙々と食べ始めました。

勢いよく食べて喉に詰まらせた(ような気がする)Aさん
誰よりも食って食って食ったCさん(2杯目のお代わりもする始末w)

 

さて、注文したメニューの気になる味は、、、

ただただ、どれも最高に美味しかった。

最高です!セブ島のCoCo壱!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

決して、言葉の表現が乏しい訳ではありませんので、どうかお許しを・・_:(´ཀ`」 ∠):

味の補足>>「オムライスカツカレー:360ペソ(約800円)」オムライスの卵がふわふわ。まるで、「ドラマ:ランチの女王」に出てくるオムライスの卵を真っ二つに割った後のトロ〜っとした卵の状態を思わせるようなクオリティ。カツは申し分ない揚げ具合とサクサク感。柔らかすぎず硬すぎずで、カツの強い主張感はなく、カレーの辛さと濃厚な卵のマイルドさとの融合を見事に果たしている。

 

セブ島のCoCo壱店舗情報まとめ

CoCo壱のカレーに満足気な3人

いかがだったでしょうか?

ただただ、美味しかったCoCo壱のカレーライス。そして、楽しかった海外のCoCo壱店舗体験。
ぜひ、たくさんの人に訪れて欲しいと思います!

「どうせCoCo壱はどこ行っても一緒〜!」って思ったそこのあなた!

ぜひ、騙されたと思って一度行ってみてください。きっと満足するはず。僕はそう信じています。

僕は、日本に帰ってもCoCo壱に行こうと思います!すっかり、CoCo壱ファンになりましたよ!

 

それでは、最後に店舗情報まとめて貼っておきます。

<セブ島CoCo壱 Bonifacio District,Cebu店>

住所:Unit BDA 1-3, Bonifacio District, F. Cabahug St, Brgy.Kasambagan. Cebu city, Philippines
営業時間:AM10:00〜PM11:00
定休日:なし
無料WiFi:あり
席数:暫定60〜80程
駐車場:あり(共有スペース)
コメント:味・清潔さ・快適さ・スピード・対応どれもよし!日本にないメニューもありかなり満足度高いです!おすすめ◎

 

この記事を書いた人

吉本 壮馬
セブ在住のWebライター・ブロガー・筆文字アーティスト・グラフィックデザイナー。27歳で会社を退職し、単身セブにて英語・IT留学アクトハウスへ。ブログサイト名、Sohmac(そーまっく)運営。セブを拠点にしたフリーランスという、20代後半で新しい生き方に挑戦し続けるリアルな心情をブログで発信しています。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)